座右の銘。

  • 2020.02.06 Thursday
  • 22:37


どうも!バリーさんより指名を受けました、みのです * ^ ^ *)ノ





ついに2020年ですね。色々な意味で節目の年になるような気がしております(つ∀`*)






さて、バリーさんが宮古島の綺麗な写真をたくさん載せてたので、私も今年1番綺麗だなと思った写真を載せたい!


 



…と思ったのですが、大人の事情でNGでした(T T)






残念、無念。泣

   





ちなみに載せたかったのは、山P。





昨年放送されたドラマの中の姿があまりに綺麗すぎたんで、載せたかったんですが…なんてったってジャニーズ。どう足掻いても載せられない(T T)






“かっこいい”には人それぞれの基準があるかと思いますが…あの綺麗さはきっと分かってもらえるはず!と思ってるので、気になる方はぜひGoogle先生あたりに最近の山Pについて聞いてみてください。笑




ほんとに綺麗だから!かっこいいから!!!

(そういう私は彼が脱退したNEWSファンです)





で、せっかくなので今日はそのまま山Pネタを引っ張ります〜(*´艸`*)





先述した昨年放送のドラマ。







ストーリー自体も面白いなぁ〜と思いながら一気に流し見たんですが、その中で主人公の山Pが言った、






『感情の奴隷になるな』






この言葉がやけに印象的で…しばらく頭から離れませんでした。






(ちなみにドラマの中では、友人の死を自分の責任だと感じて自らも命を断とうとした女子大生に向けたセリフだったはず)

   






なんか気になるというか…強い共感とか納得をしたわけじゃないけど、妙に気になる不思議な感じ。








そうゆう経験、ありませんか?







言葉でも、人でも、物でも。






なんでかわからんけど、なんか気になってしょうがないあの感じ…に新年早々陥りまして(つ・∀・;)






きっと今の自分にとってなんか意味のあることなんだろなぁ〜なんて発想に至ったので、頭の体操も兼ねてその意味を自分なりに考えてみました。笑




(良かったらお付き合いくださいm(_ _)m )





***






人間の感情って、とっても複雑。





喜怒哀楽なんて四字熟語で表現されるけども、そんな簡単に振り分けられるものじゃないですよね。





嬉しいはずなのに素直に喜べない、とか。

怒ってるはずなのに泣けてくる、とか。

悲しいはずなのに泣けない、とか。 





楽しいはずなのに…って。わりと相反するものがセットになってたり、交互にやってきたり、自分でもよくわかんなくなることってありますよね。






複雑すぎて、わからなさすぎて、「めんどくさっ」ってなることもある。






(まぁ複雑すぎるが故に、共感できるポイントがあると一気に距離を縮められるってメリットもありますが)







だからそんな感情を言語化したり、可視化することができたらちょっとは気持ちの整理ができたり、周りに理解してもらいやすくなるのかもしれません。






(支援でも意識してるポイントですね!)





が、





そう簡単にはいかないのが、現実です。笑








ただ、子どもの頃は違いました。







嬉しかったら、転ぶのも恐れずに両手を上げて飛び回った。

腹が立ったら、言葉や手段なんて選ばずに人や物に怒りをぶつけた。

悲しかったら、恥ずかしさなんて微塵も感じずに泣きじゃくった。

楽しかったら、時間も忘れて目の前のことにのめり込んだ。







でもそれは、子どもだったから“できた”ではなく、子どもだったから“許された”部分も多いんだろうなって思いました。







私たち(たぶんこれを読んでる人達の多くも)は、残念ながらもう“大人”です。








大人の一挙手一投足が、周りに及ぼす影響はそんなに小さいもんじゃない。







子どもの頃ならふざけて言った言葉でも、「冗談やった」って言えば「もう言わないでね」で終わってました。でも大人になった今、人の言葉ほど取り返しのつかないものはありません。






子どもの頃なら腹が立ってもケンカをしても、同じ空間や時間を共有している子はみんな友達でした。でも大人になった今、人は簡単に集まりもするし離れてもいきます。







(極端な例ではありますが…(つ・∀・;))






大人になって語彙力や思考力が上がって複雑化したことで、誤解やすれ違いも生まれやすくなった気がします。





行動力と選択肢が格段に増えたことで、人も縁も意外と簡単に切れるようになりました。







自分の立場や環境なんて、思った以上に簡単に変えられちゃうし、変っちゃう。







しかもそれは、感情をぶつけた側も、ぶつけられた側も、両方ができること。







つまり何が言いたいかと言うと、







「一時的な感情のままに振る舞うと、何かを失うかもしれない」






ってとこに行き着いたんです。








自分の立場とか、

周囲の信頼とか、

仲間の存在とか、

極論、生命とか。







(きっと仕事柄人と関わる機会が多いのもあって、上記のセリフが引っかかったんだろうな〜とようやく腑に落ちました)







決して喜ぶな、怒るな、ってことが言いたいわけじゃないです。

よく空気を読んで自制しながら過ごせ、ってことでもありません!






嬉しい、許せない、悲しい、楽しい…何を思うかはその人の自由です。自分の感情に蓋をする必要はないと思います。自分自身に嘘つくのはしんどいですしね。





でも、ただ、






その感情を自分から1ミリでも外に出す場合、勢いに任せて感情のままに振る舞うんじゃなくて、周囲や振る舞った後の自分のことをちょっとでも意識した上で言動に繋げるべきだなって思ったんです。






例えば、





「言っていいこと」と「言ったらダメなこと」





だけじゃなくて、

   




「言わなくてもいいこと」もあるのを忘れちゃダメだな、とか。






もちろん言葉に限らず、表情とか態度とかも。


(私は言葉より顔に出やすいので特に要注意(´× ×`))


あと、関係ない人を巻き込まないように気をつけます(汗)





思ってるよりも意外と人って、

他人の言動を見てるし、

聞いてるし、気にしてるし、

覚えてるもんですからね(つ・∀・;)





感情を“抑える”んじゃなくて、“コントロールする”。





(”ぶつける”じゃなくて、“理解”や“共有”するのは全然ありだと思います!!)





難しいけど、






それが大人とか社会人としての、マナーとか、モラルとか、常識とゆうか…






“余裕”の現れでもあるのかな、と思ったり。







(よくよく考えてみると、子ども達との関わり方にも通ずるもんがあるかもですね!)







自分の機嫌を自分で取れる人。


自分をコントロールできる人。






かっこいいです。






そんな人になりたいので、今年から私の座右の銘はこれにします。





『感情の奴隷にならない』





イケメンの言葉ってだけで気分も上がりますね(*ノ∀`*) 






2020年、20代後半。

さらに大人になれるように、頑張ります。笑







ということで、今日はこの辺で。





さて、次のブロガーは…







ネタがたくさんある毛馬さん!







…と見せかけて、しばらく鳴りを潜めてた【こーじさん】!




お願いしまぁーす( ^ ^ )/

スポンサーサイト

  • 2020.02.16 Sunday
  • 22:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM