毛魔嘆(ケマのツブヤキ)

  • 2019.08.22 Thursday
  • 08:30

こんにちわ。毛魔嘆です。

 

今回は、どうしても書いておかなという想いで書いてます。

 

先日起った『京都アニメーション放火殺人事件』から早1ヶ月がたちました。35人もの方が亡くなられとこの事件。近年まれに見る残虐な事件であります。

 

ケマタンは電車の次にアニメが好きで、京都アニメーション製作のアニメもよく見ています。特に京アニ作品で出てくる電車は忠実に描かれているため鉄道好きから見ると、とてもうれしい気分になります。

 

今回の事件で気持ちの整理をすると怒り、悲しみ等さまざまな感情が出てきます。その上で最近のマスコミはすぐに、犯人がどんな人間かに加えて障がいの有無や既往歴を出します。

大事件を犯した人間の背景を探る上で必要かもしれませんが、最近は障がいの有無だけがクローズアップされている気がしてなりません。

 

そして、それを見て無知な人間ほど過剰反応してしまうものです。今回の事件を受け、障がい者雇用を打ち切り、精神障がいの方を解雇した企業があると聞きます。理由が、普段おとなしいがいつ暴れるかわからないからと。そもそも、その暴れる理由を探究せずまるで腫れ物に触れるような対応。いささか複雑な気分になります。

 

この前、吉本芸人が会見で話していた言葉に「憶測で、おしゃべりになられることで、その芸能人の方の一生が終わってしまうかもしれません」(一部要約)という言葉がありました。まさにその言葉が突き刺さります。憶測や思い込みだけで判断するのではなく自分の目で確かめてから判断しましょう。

 

まとまりが悪いですが、一日も早く京アニが復活するのを願うばかりです。


てなわけで、次回のブログは、






松本サンオネガイジス

スポンサーサイト

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM