【生きるチカラは地域にあり】

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 07:16

ルナティック・ルーナ 大山です。

先日、大阪の児童養護施設に行きました。

 

こちらの施設には約3年ぶりの訪問だったので

こどもたちに忘れられているかな?と恐る恐るこどもたちに歩み寄ると

名前は忘れられていましたが、顔を覚えていてくれたこどもが数名。

 

そして当時は、高校生だったこどもは、社会人になっており、すっかり大人っぽくなっていました!

 

「今、なんの仕事してるん?」と尋ねると「現場仕事やな、労働センターで日雇いの仕事してるわ」と教えてくれました。

他のこどもにも聞きましたが、やはり、土木や建築などの現場仕事をしている人がほとんどでした。

 

こちらの児童養護施設は、しんどさを抱える家庭の相談の場や、地域のこどもの一時あずかりを行っているので

地域の住人の頼れる場所&困ったときの受け皿になっています。

 

なので

幼い頃からお世話になったこどもたちが大人になっても

こちらの施設にやってきます。

 

遊ぶだけではなく、小さいこどもの面倒を見たり、職員や同世代のこどもたちに仕事の悩みを相談したりとお互いのしんどさをカバーしあえるコミュニティになっています。

 

そして、こちらのコミュニティには、障がいの有無など関係ないのが素晴らしいところです!

 

わたしがお邪魔した時は、地域のこども(幼児~小学生)が20名ほど来ており、保護者のお仕事が終わるまでこどもを預かったり、ショートステイを行っています。

その中には、障害のあるこどももいますが、こちらの施設では障がいがあるなし関係なく、みんな同じ輪の中で過ごすので障がいに関する偏見って無いんですよね。

困っている人に手を差し伸べる風習が昔から自然と備わっているので、なんといいますか、バリアがありません。

生きる力に溢れているんですよね。

 

 

あまりにもこちらの施設は、有名すぎて海外からのTV撮影や、全国からいろんなボランティアさんがやってきますが、国内ではあまり話題になりません。

 

なぜでしょう?

 

もし、この話題が気になる方がいましたら検索してみて下さいね。

ヒントをちょこちょこばらまいています。

 

有名すぎて映画になってますよ。

 

ではでは、

次のブログは西岡さん、

よろしくお願いします!

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 07:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM