【青年の過去…その3】

  • 2018.07.09 Monday
  • 00:26

お久しぶりです。
ルナティック・ルーナ・大山です。

澤田さん、指名ありがとうございます。

ではでは、今回は、【青年の過去…2】の続きからいきましょうか。

 

【青年の過去…その3】
歌うことに目覚めた私は、高校卒業後、音楽の専門学校でバンドヴォーカルを学びました。
カラオケでは味わえない、バンドメンバーと奏でる生の音がとても刺激的で!
...
......
だけど
ボーカルの授業では、先生の言う事を聞かない人でした(笑)
センスがないのか、
人から教えられるスタンスが、肌に合ってなかったんですよね。
なので結局、歌唱については完全なる自己流です。
そういえば
授業とか関係なく隙あらば、日常のどこかで歌いまくっていたので
ポリープ出来かけましたね。懐かしや...

そして、その頃の一番の問題点は、バンドヴォーカルのくせにバンドを結成していなかったことです!
過去のいじめからの劣等感や人見知りがまだまだあったので、上手く同期の学生に話しかけられませんでした。
だから
授業でしかバンドしたことありません(笑)
歌に関しては自信があったんですけどね...

結局、学校を卒業してからは何をしていいのか分からず
フリータやニートをすることに。
26歳まで
...
......
ながっ!

※どうやてニートから脱却したのかは、また次回にお話します♪
ではでは、次のブロガーは毛馬さん!
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

  • 2018.11.16 Friday
  • 00:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM