奥井さんお願いします。

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 21:29

次回のブログ書く人は、奥井さんお願いします。

 

Oハシ

 

つまり相手の名前を知るうえで、名札ってとても有効

  • 2019.12.27 Friday
  • 21:23
こんばんは。
通年半袖のOハシです。
名前や名札に着目して、書いてきたのですが

こないだ、大事だなと思うことがありました。

野外外出イベントボランティアへの参加希望の方に
事前にお会いしてお話しする場に立ち会いました。
途中から入ったので、相手さんのお名前を含む
簡単なプロフィールをお聞きしている状況でした。
相手さんは、中国から来られたご夫婦。
内心これはアンフェアになる、それは嫌だーOハシのルールに反する〜と
A4の紙に漢字でフルネームと上にカタカナの読み仮名をつけました。
何者かをお伝えしたうえで、お話を進めました。
来日1年未満で日本語が上手でした。
困ることもないレベルに感じましたが
Oハシが使う単語をまだ知らないようだったのでしたが、
お互いにコミュニケーションを取る意欲満々でした。
その中でも、相手の名前を呼び掛けてから
話をするというのは、初対面においてはいい感じになります。
心理学的に言うと、承認欲求が満たされる。であってましたかね。
あなたという存在を認めていますよー
というこちらの心理を
名前を呼ぶ行為によって相手に伝えるわけです。
そして、あれやこれやと、電子機器を介した翻訳コミュニケーションを
しながら面談は終えました。
面談のさなか嬉しいことがありました。
名前を明示したことが功を奏して?と思いたいですね。
相手さんから1つ質問を頂きました。
「Oハシさんは、この仕事何年していますか」
こちらにも興味を持ってもらえたことが嬉しいです。
こういったことからも、
コミュニケーションを円滑に「開始」するためには
名札はとても有効です。
一方で
コミュニケーションが苦手な人がいる状況においても名札は有効です。
続きを読む >>

Oハシが2回目以降の対面で気をつけていること

  • 2019.12.27 Friday
  • 20:57
こんばんは。
サンフェイスの「通年半袖ヒゲメガネ」ことOハシです。
さて、ブログすっ飛ばした人のルールはブログ3日連続がルール。
ただ今回は3本連続でと閣議決定しました。
1本目のブログでは
初対面における、名札の有効性についてOハシの考えを
お伝えしました。

2本目では
2回目以降の対面時における、名札の有効性。

あーお久し振りですー

なんて言葉が街中で耳にすると、そっちを見てしまいます。
自分以外の人はどんな感じで久し振りをクリアしていくのだろうと。

Oハシにとって「久しぶりー」の状況は苦手案件でした。
理由は、話の切り口が分からない。
会ったことは覚えている。
何をしたかも覚えている。
でも、名前が分からんのであれやこれや
回りくどく以前会った時のエピソードなどの
話のしながら「記憶を目覚めよ!」とやってるですが
だいたい無駄に終わります。

 

 

 

続きを読む >>

Oハシが初対面で気をつけていること

  • 2019.12.27 Friday
  • 20:41

皆さんこんばんは。

 

本日の午前9時までに投稿するべきところを

11時間半遅れでキーボードを叩いています。

 


お仕事柄、初めましてする人も多かったり
名前は知ってるけど、電話では話したことがあるけど、、、
て方ともお会いすることがあります。

そんな時に気をつけていることがあります。
それは
名札をつけていること。
名札的なもので何でもいいです。
挨拶する場所が、応接スペースなどの
落ち着いたは場所で、双方が会話する気満々で
名刺などという名札代わりのものを持っている。

という状況が、Oハシの周辺にはありません。
出先で、路上で、玄関先で、とか立ち話です。

そんな時に名札が無いと「やっちまった!」と
思うわけです。

Oハシは一方的に知っているので、第一声、声掛けに
困りませんが、相手方からすると名前を知らない状況は
フェアではないのだと思います。
利用者さんもそうですし、ヘルパーさん、デイスタッフさんも
同じです。

フェアかどうかという前に、Oハシが証明しないといけないことは
不審者ではないこと
あなたとコミュニケーションをとりたい意思表示をすること
であるからして、それを思いのままにやると・・・
続きを読む >>

フェアと合理的配慮について

  • 2019.08.12 Monday
  • 21:47

昨日は機械とのフェアな関係について

 

自分の頭の中を書き出してみましたが、

 

最近フェアという言葉に魅力を感じています。

 

と言っても展覧会とかカレーフェアとかの意味ではない

公平とかそっちのほうです。

 

お仕事柄、と思っていたのですが

たぶん個人的にですね。

 

気になります。

 

 

続きを読む >>

機械とのフェアな関係について

  • 2019.08.11 Sunday
  • 23:14

最近、身の回りの機械類の調子が悪いです。

 

使い方の問題か?

 

とも思ったりしますが、使う側の問題と言い換えたほうがよさそう。


 

続きを読む >>

うぃきぺでぃあ ってご存知ですか?

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 21:40

続きまして

本日もOハシがキーを叩きます。

 

先日、訳あってWikipedia のIDを取得しました。
初めて編集をしたくなったのですね。

 

 

今までいろいろお世話になってきたので
いいページを参考にして


キーを叩き始めるのですが

 

うん、いまいちルールが分かってないな。


参考になるページを横に開きながらやったのですが


いま一つ、ちゃんとならない。

アンサイクロペディア調になってます。


そうか、最初からそっちに書けば良いのかと
新たな気づきでした。

 

そう、編集したいと思ったワードを忘れていました
それは・・・

続きを読む >>

色んな言い方。使いやすい言葉で良いと思う件。

  • 2018.05.04 Friday
  • 19:18

 こんばんは。

 

GWという日本の悪しき伝統(昭和以降平成で強化された)行事を皆さん如何お過ごしでしょうか?

 

Oハシは年収1億ないので庶民的に、子どもの校区内の公園で

子どもとブランコ二人乗りをして、現在はYOUTUBEで英語実況のバイクレースをつけ

キーボードを叩いております。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私ギア付きクラッチ操作のある

小型バイクで移動をしております。

 

改造はしない主義なのですが、一つだけ部品交換しました。

 

「ブレーキレバー」

 

理由はレバーの形が手に合わなかった。合わないと感じた。

ということです。

 

 

調整機能はあったのですが、握った感じ、握りこんだ感じがしっくりこず

思い通りの操作をすることが、出来ていない。

 

と感じました。

 

バイク乗り界隈では「ラジポン」にするという選択肢はあったのですが

数百グラムの部品に数万円かけるのもアレなので、アマゾンで

純正とは形状の違うレバーを装着。

 

ブレーキ、クラッチの2本セットでしたがクラッチレバーは変更後違和感があり

純正に戻し、ブレーキレバーは一番手前に設定する事で

操作が楽にかつ制御できる感が向上しました。

 

で、長々となんだったのだ?という話なのですが

 

支援も

 

調整の連続、トライアンドエラーが日々大切ですね!ということを言いたいだけです。

 

調整、オーダメイド、PDCA、色々いいますが

 

個人的には「最適化」という言葉が好きです。

 

その人の為に環境を最適化する。

 

いい言葉だと思いませんか??

 

最適化に終わりはありません。

知人が模様替えで頭悩ましているのを聞き管理画面を開いた今日この頃。

 

Oハシ

所要時間20分。

本を買うなら。この本屋。

  • 2018.03.01 Thursday
  • 12:08

皆さんこんばんは。

 

さて、先日ガイヘル研シンポジウムVOL2終了しました。

 

詳しくは近々ガイヘル研のHPにて!

 

 

門 眞一郎先生の講演があり、やはり脳みそフル回転する必要があり

面白かったです。

 

早速、紹介されていた本を買い求めるべくキーボードをたたきました。

 

結果、ア●ゾンかなーと思っていたのですが、案外なくて

入荷未定もあり、すぐほしい感じだったので、

 

ここは、ここでこそ、毎年ATACで良書を手に取れるように

出張してくれている「スペース96」さんのサイトで買うのだ!!

 

と会員登録も済ませ発注!

 

後ほど受注確認メールが。。。。

 

で、

 

サンゲイスOハシ様

 

サンゲイス

 

ザンゲイス

じゃなくて良かった?

 

と思っただけ。

 

で届きました。

仕事が早い、「スペース96」

 

 

放課後デイ あたおか 2回目

  • 2018.01.08 Monday
  • 23:00

こんばんは。

 

放課後デイが 「あたおか」 になった件 2回目。

 

続くと 言ってはみたものの、
もう終わりたい。

 

 

「あたおか」とは何ぞやですが
スマホで あたおか 調べてくださいね。


本題に入ります。

 

放課後デイでいうところの あたおか 現象とは
どういうものか?いつごろから現れたのか?

を押さえていきたいと思います。
 


★どういうものか?
「放課後デイ儲かるぜ!」
「次にくるのは放課後デイ」→「現在は訪問看護トレンド」
「儲かるらしい」
「低投資高収入」
「開設資金と4ヶ月の運転資金があればOK」
「フランチャイズ」

がうたい文句となり適度な資金を持つ会社が
参入する事となりました。

あと手続きを代行する行政書士事務所などが
タッグを組む例もある。


★いつごろ?
平成24年4月〜放課後デイ事業に併せて。


★何が問題か?
問題はありません。
事業指定を管轄する自治体から受けた時点でちゃんとした事業所なのです。
その瞬間は。

 

★でも心配なこと
障がいのある子どもだから、
あんまりわかってないから、
そこまでせんでええんとちゃうん、
とか
事業主が障がい福祉にどの程度の認識、温度で
取り組むかってことが大事になってくる場面が

 

 

 

「絶対に出てきます。」

 

 

 

そのときに、「それはきみらの仕事だ」
と現場スタッフに丸投げする会社が無いか?って
ことを心配しています。

 

 

話を逸らします。

 

 

現在では放課後デイを運営するには
責任者を立てる必要があり
障がい福祉分野で5年の実務経験が求められます。

 

児童デイ時代にアルバイトスタッフで働いていた方から
ここ数年特に、責任者用の実務証明書の発行依頼が増えました。

中には「本当に?!大丈夫なのか?」と思う人物からの依頼もありました。

 

 

そんな環境の変化を感じる中で忘れらない事故が、大阪で起こりました。

 

 

2015年の豊中市での出来事です。

昨年3月に決着をしたとの記事です。

 

https://mainichi.jp/articles/20170322/dde/041/040/049000c

 

 

ほんの数年前。
同じような事業をしている中で、他人事では無いと
思っていました。

 

どのあたりまで、考えておくかは事業主により
違いますが、昨今の放課後デイで
運転手1名体制の送迎車を見たりすると、
他の事業所ながら不安を覚えます。

この項終わり。


さて次の執筆者は、、、、

 

鉄ちゃんガイドのご意見番、、、、、

且つ、サンフェイスの罰ゲーム担当※彼がいるおかげで皆、罰ゲームを恐れず全力を発揮できます。

 

 

毛馬オサムさん!!

 

よろしくお願いします。

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM